Bk-Home

Eura Mobil製品の品質へのこだわり;
Euramobile社の構築技術は"Wood-Free(木材の未使用)"および"Screw-fee(ビスの未使用)”を基本概念に独自の
"Sealed structure(密閉技術)"よって形成
されています。
これら最先端のボンディング技術は航空産業等のハイテク企業で使用されていますが、唯一モーターホーム業界でこの技法をモーターホームの全てのモデルに採用しているのはEura Mobilのみとなっています。
(これにより高断熱・超堅牢のボディ構築することによってモーターホーム業界では唯一ヨーロッパ寒冷地標準規格”EN 1646"を取得した企業はEura Mobilのみとなっており、該社の製品へのこだわりが伺えます。)
床・壁および天井は従来工法のビスを使用することなく、オリジナルのアルミ製のプロファイルにて接合されています。
これによって従来工法のビスを使用した点接合からのアルミ製プロファイルを使用した面接合により接合面の強度増強はもとより外部からの漏水或いは浸水の問題はいっきに解決しています。またこの工法の採用によって外部の広範囲にわたる防水処理から発生する凹凸からの開放と共に車両のボディ面の平滑性・美観さらには走行時における燃費の改善など他部門にわたり貢献することができています。


高品質製品に反し、控えめな宣伝;

Eura Mobilの製品はモーターホームの形状(ボディカテゴリー)に係わらず基本部分は全て共通技法にて製作されています。
価格面では一般的に一番安価なモーターホームの代名詞となっているアルコーブンタイプ(日本では通称キャブコン)におきましても
Euramobilでは目視上の外観のみでは判断することなくクラスAモデルより高いモデルもあります。
具体的な比較例として、簡易型クラスA:Integara-Styleと高級キャブコン:Activaの価格比較ですが、
両モデル共に基本部分はEura Tech工法にて製作されています。Eura Mobilの価格設定基準ではキャブコンタイプのActivaのほうが高価格に設定されています。これはお客様の先入観による感覚的なものではなく、室内の部材や取付け製作に要したした目に見えない時間等との積算にて割り出されていますのがその理由となっています。
Integara-Style?聞きなれないボディカテゴリーですね!拘りのないメーカーではInteggratedシリーズ何とかAモデルと販売されると思いますがEuramobilのマイスターレベルではIntegratedと呼ぶには何かが少し足りない、よって外観面からしてIntegra-styleと称しています。
またIntegara-Linerシリーズですが、従来は6トン超シャーシでしか体験することができなかったこの分野においても同様にLinerの一般的基準を独自技術によって満たし、6トン未満シャーシでは不可能とされていたLiner※のカテゴリー基準(車両完成度・完全性・コンフォート性等々)にクリアしています。
Euramobilでは旧態全とした6トン超のシャーシを使用
するメーカーに敬意を払い,あえてIntegra/Linerの称号による広告宣伝をすることなく単にIntegaraモデルと控えめに称するところなどは、Eura Mbilは名より実を尊重する典型的なドイツ企業であると共にお客様には常に安全・品質をご紹介できる企業の一つかと類推いたします。

※ Liner
 :RVライナーとはボディの大小、装備機器、内装および販売金額に係わらず、一般住宅と比較し遜色のない居住性を最重視した動くモーターホームの代名詞です。
カテゴリー別にライナークラスとクラスAおよびインテグレート・クラスとの大別ですが、クラスAおよびインテグレート・クラスは特装車両に豪華な家庭用機器を装備したいわゆる車両が基本となるモーターホームです。
これに対し、ライナークラスはレジデンス(住居)を基本設計にしたモーターホームのために装備機器や装飾品などはお客様の好みによって増設されるいわゆる
住居としての条件が基本とるモーターホームのそれぞれの違いです。
したがって前車の傾向は製造コストの関係もあり装飾品や装備機器の数を増えたり或いは室内外のカラーリング等々、ビジュアル的な改革に限定されるためにメーカーの特徴もなく既に限界に達しているのが昨今の状況です。具体的にドイツ車とフランス車を比較してもそれぞれの特徴もなく見分けがつかないのが実情です。

アメリカンモデルではベースシャーシにバスシャーシを使用したも30万ドル超えが一般的すが、残念ながら日本ではサイズの関係上未だ一台も輸入されていません。

企業沿革;

Eura Mobil(現Trigano社グループ)は量産品高級モーターホームの市場におきましてはHymerモービル社と市場を二分し社名のとおりヨーロッパを代表するモーターホームメーカーです。両社ともRV業界においてはまれな上場企業であり、Hymerはフランクフルト証券取引所、Triganoはパリ証券取引所ににて株価を公開しています。
両社における製造上の類似点は視覚を重視したファッション性を売りにするメーカーとは異なり、共に安全性を第一モットーに車両部におけるメカニカル品質を最重視し、偽りのない質実剛健の超高級モーターホームを市場に提供し続けていることです。
●Eura Mobilの創業は1959年に遡りモーターホームの製作を目的にBlessin社の資本のもとにブランド名を「ブレッシングキャラバン」の名前にて設立し事業スタートがされました。
●以降10年後、1969年には社名を
Meier(マイヤー)社に改名すると共にブランド名も「Eura Carava」(ドイツ語発音:オイラキャラヴァン、英語発音:ユーラキャヴァン)に改名されました。
●1983年にはブランド名を社名に格上げし
Eura Mobil Gmbh(株式会社オイラモービル)として新たに事業スタート切りました。
●創業40年後の1999年には1,500台のモーターホームが工場から出荷されました。
さらに、Eura Mobile Toursを企画する旅行サービスとEura Mobile Cardによる顧客サービスを目的とした「EMS GmbH」を創設しました。
●2000年、
Karmman-Mobil社を買収し工場面積を2倍に拡張すると共にモーターホームの製造能力を16,800台にまで引き上げることが可能になりました。
●2001、「Alpha社」の加入によりオイラモ-ビル・グループを高級モーターホームのトップブランドに引き上げました。
●2002年、Kermann-Mobil事業部に最新の組立て工場が建設されと共に、キャンピングカーのオーナーのため、初のインフォメーッション・センター及びコニミュケーッション・センターとしてモーターホ−ム・フォーラムが開場されました。
●2005年にはヨーロッパ最大のRV事業を統括運営するTrigano社に買収されました。
●2006年、革新的なシャーシ技術”ウッドフリーの密閉構造”を採用したTerrestraシリーズのデビューによりキャンピングカーの歴史に新たなページを開きました。
●2008年、モーターホームの最上級クラスとなるライナー仕様モデルが、Integraの第3世代モデルとしてリリースされました。
また一般向け商品として、
●2010年からはドイツ市場を主眼にした限定仕様モデルがリリースされています。最大積載量3.5トンをベースにしたライト・クラスAモデル:Integra-styleが加わったことによりモデルの充実のみならずユーラモービル製品がよりお求め易いくなったのもホットニュースの一つかと確信いたします。


企業理念:
Experts on quality
品質の専門家になるために我々は会社のために柔軟かつ個性的組織を主張しています。勿論、お客様の近くにいるということが最優先順位の一つです。Sprendlingenの工場見学ツアーや展示開場においても、お客様と直接触れ合うことを率先しています。これが我が社の成功の秘密の一つであると自負しています。
EuraMobilはモーターホーム(キャンピングカー)を製作する専門の会社です。モーターホーム造りに関し、デザイン・開発および製造工程においても一切の妥協を許さないのが我社が製作する独自のモーターホームです。これはオイラモ-ビル製品がきわだった信頼性とたぐいまれな長期的耐久性のある品質である事がその証しとなっています。これによって我々はお客様の総合的安全性と喜びお約束いたします。
Quality
口頭による品質だけがオイラモ-ビルの概念ではありません。オイラモ-ビルは長年にわたってモーターホームのリーディングカンパニーとして最善の結果を維持していること自身が顧客満足度においても示されています。これは全てのモーターホームユーザー自身のために、当社の技術者や熟練工の人たちのみならず技術的詳細および製造工程にも感謝すべきものです。
我が社の熱意とモーターホーム製造で50年間の経験すべてが現在あるオイラモ-ビルのコアエレメント(基本概念)になっています。
最善の技術的なプロセスおよび資材によって最高のモーターホームをお客様にご提供することをお約束いたします。
Reliable
最良の資材を使用し卓越した製造工程を駆使したモーターホームは、形式的な旅行スタイルに拘ることなくモーターホームによる気軽な旅行にでかけることを意味しています。我々はユーラモビルの特許システム:ジョイント(接合)・リンケージ(蓮鎖繋ぎ)および構築手法、をプロファイル・ベッドに新に標準化することによって、上段ベッドでさえケチのつけようのないモーターホームに仕上がっています。
Functional
勿論すべて機器類は実用性にとんでおり、いかなる要求にも即座に応答する準備ができています。オイラモ-ビルのそれぞれの部分は長年に渡ってそれら全てが実承されています。ダブルフロアー(二重床)は利便性を兼ね備え全てのモーターホームにおいて標準装備されています。またダブルフロアでは巨大な収納スペースを確保し、冬季間におけるお客様を凍結からお守りします。より長期の旅行ために、オイラモービルのモーターホームでは大容量の水タンクと電力が装備されちます。より個性的な20以上のフロアプラン(室内レイアウト)が準備されており、お客様はお好みのプランをお選びすることができます。

By Lyncs's Editor

ドイツSprendlingen工場全景



| |当社ご案内| TRIGANO | 最新情報 |リンク |HOME

お問合せは;
Rapido社、Trigano社Eura Mobil日本正規輸入総代理店
株式会社 リンクス
〒358-0014 埼玉県入間市宮寺3104-1
電話(04)2934-7505、Fax(04)2934-7506
メール Camperlot1@aol.com